嵐丸のお散歩コース



根岸森林公園 散歩みち
根岸森林公園編 1 根岸森林公園の形には訳があります。前身は、日本最初の洋式競馬場で、大戦の拡大で昭和18年に閉鎖となり、戦後、外国人収容所→イモ畑→印刷工場→ゴルフ場と姿を変え、44年に16.5haが接収解除となり、うち14.2haを横浜市が国より借り受け、47年より公園づくりに着手、残りは中央競馬会により競馬記念公苑が建設され、ともに昭和52年10月1日に開園した。
根岸森林公園編 2
根岸森林公園編 3 <参考>
  写真集「お散歩テクテク本牧情報」 
  根岸競馬記念公苑 
  根岸森林公園




 

 本牧市民公園 散歩みち
本牧市民公園編1 三溪園(さんけいえん)に隣接する市民公園です。
約10万平方メートルの広大な園内には、テニスコートなどを備えた運動広場で汗を流せるほか、一面に広がる芝生広場で、のんびりくつろげる。園内には散策路もめぐらされており、三溪園との間に横たわるとんぼの池の畔や、芝生のなかを歩くことも可能です。
本牧市民公園編2




本牧山頂公園 散歩みち
本牧山頂公園編 1
和田山に広がる自然に溢れた公園 旧米軍宿舎が並んでいた跡地を中心に、市民の公園として整備が進んでいる 天気が良ければ房総半島も一望でき海を行き交う船を眺めてゆったりとした気分にひたれる
アメリカ坂、本牧神社、マイカル裏、本牧二丁目谷戸、緑が丘等からも入ることができる
本牧山頂公園編 2




シンボルタワー 散歩みち
シンボルタワー 1

横浜港シンボルタワーは、本牧埠頭D突堤の広大な緑地の中に、昭和61年7月に完成しました。
タワーの高さは48m以上もあり、横浜港に出入りする世界中の客船や貨物船が安全に行き来出来るよう情報や信号を送っています。
タワー上部には、皆との風景を一望出来る展望室や展望ラウンジがあり、皆との仕組みや港湾の様子を観察することが出来ます。

 

 

シンボルタワー 2



大黒海つり公園 散歩みち
大黒海つり公園 1

ベイブリッジ下の一般道を通って行く海つり公園です。海に沿った細長い公園で、ベンチも沢山有るので海を見ながらゆっくりお弁当を食べるのも良いでしょう。

 

 

大黒海つり公園 2




港みらい21 臨港パーク
臨港パーク 横浜市西区のみなとみらい地区の海岸、その名の通り横浜港を臨んで臨港パークがある。
約六ヘクタールほどの面積の公園で、その大部分は緩やかな起伏を伴った芝生の広場で占められている。
公園の北側部分には海の水を引き込んだ「潮入りの池」がある。夏には水遊びもできるようで、当然のことながら潮の満ち引きによって水位が変わる様子は楽しい。




金沢区 野島公園
野島公園 埋め立てで島とは思えない姿の野島地区。
その南半分に位置する公園は、キャンプ場等の施設もある。
沿岸は砂浜と いうより泥の浜となっており、潮干狩りをする姿も見える。家族連れも多く、楽しそうだ。





葛西臨海公園  散歩みち
葛西臨海公園 葛西臨海公園は、臨海部の自然環境をとり入れて、緑の浜辺、都民の浜辺、たのしい浜辺、頼もしい浜辺の四つを計画のテーマに作られた公園です。
目の前には東京湾の水平線が広がり、空と海の緑のおりなす風景は見る人の心をなごませます。
また、園内には、葛西臨海水族園や宿泊施設(ホテルシーサイド江戸川)がある他、葛西海浜公園と隣接しており、海辺のリゾートとし
ても楽しめます。





京都府立丹波自然公園  散歩みち
丹波自然公園 昭和45年に開園。
京都府のほぼ中央丹波町に位置し、丹波高原の豊かな自然を背景に、公園面積53ヘクタール陸上競技場・野球場などの運動施設、パターゴルフ場・プール・天文館などのレクレーション施設や、森の遊び場などフリーゾーンなどからなっている。





綾部藤山公園(寺山) 散歩みち

若宮神社 1〜3・11

藤山公園4〜10

市街地南側に位置する標高200メートルの藤山(通称寺山)山頂にあり、眺望豊かな公園は、市民のよきレクレーションの場として、春は八重桜の名所として、多くの市民が訪れています。
若宮神社は、この登山口にあります。

昭和56年には市制30周年を記念して「平和の鐘」が建設され、毎朝夕、市街地に「平和のメロディー」を奏でています。終戦記念日の8月15日には、世界の永久平和を願う「市民平和祈願の集い」が開催されています。